インターネットラジオの種類

このサイトではインターネットラジオ放送についての解説や、これからインターネットラジオ放送や番組を始めようとする皆さんへのアドバイスをしていきます。

インターネットラジオにはどのような物があるのか?

インターネットラジオは大まかに分けて、2つの種類があります。

  • 生放送(ストリーミング)
  • 録音放送(オンデマンド・ポッドキャスト)

PRリンク
福山 コルギ | シャンメール

インターネットラジオ生放送


俗にストリーミングと呼ばれている放送手段です。かつては生放送用のサーバを独自に立てる必要がありましたが、現在ではストリーミングサービスを提供しているサイトを利用することによって簡単に、しかも無料で利用することができます。かつてはマイクロフォンを繋いだパソコンより、ストリーミングサービス提供サイトへアクセスすることでサービスを利用するほかなかったが、最近ではスマートフォンにアプリをインストールすることにより、アンドロイドやiPhoneで手軽にストリーミング放送を行なうことができるようになりました。

利用可能なストリーミングサービス。


インターネットラジオ録音放送

インターネットラジオの録音放送は、基本的に次の方法を利用します。

  • オンデマンド
  • ポッドキャスト

オンデマンド

元々インターネットラジオの主流はオンデマンドでした。サーバ上に音声ファイルをアップロードし、パソコンからそのファイルへアクセスすることで、ラジオ番組を再生するという方法です。メディアプレイヤーを自動的に起動し、番組を再生する方法や、その他の任意のプレイヤーを使って番組を再生する方法もあります。
他に番組ファイルをパソコン上にダウンロードした上で保存させたり、FLASHやJAVASCRIPTという手法を用いてブラウザ上にプレイヤーを設置し、再生ボタンを押すことで番組を聞くようにすることもできます。

ポッドキャスト

アップル社がiPodを発売したことで、一気に主流となったインターネットラジオの聴取方法です。rssと呼ばれる書式のファイルに番組の情報や音声ファイルの場所を記し、そのファイルをiPodなどポッドキャスト対応の機器に読み込ませることで、番組の更新があるごとに自動的に機器に音声ファイルを読み込ませることで番組を配信する手法です。

リンク集